日別エントリー

2011年04月21日ハナミズキ

555.jpg町のあちらこちらで見るハナミズキ ヒンクと白の花を咲かせてきれいです

少しブームは去りましたけど未だに根強い人気があるハナミズキでありますが

原産地は北アメリカであります 

日本とアメリカの日米友好の証として1912年日本はサクラ(ソメイヨシノ)をアメリカに送りアメリカはお返しとして1915年ハナミズキを送ったそうです

別名アメリカヤマボウシ呼ばれそれは花がヤマボウシの花に似ていることからそう呼ばれています(あまり使わないけど・・・)

それには少しエピソードがあり 僕の記憶だとアメリカに送ったサクラはうまく育ちきれいな花がアメリカ人に大変評判がよかったようです ところが日本がもらったハナミズキは現在の様にうまく育たず これではいけないということで多分専門家に良好に育つ様依頼し 現在のハナミズキブームが起きたと思います。

 

 

2011年04月20日モクレン

春の初期に咲く花として代表的な一つにモクレンがあります。

落葉高木でありモクレン科 花が咲いて葉が後から出てきます コブシ等同じで

開花期間も長くてとてもきれいです。

モクレンにはもう一つハクモクレンがあり 通常モクレンと呼ばれているのは

紫色の花を咲かせる紫木蓮(シモクレン)のことです 白い花を咲かせる木蓮は

ハクモクレンと呼びます。

このモクレン 最古の花木としても言われ今後も人々に癒しを与えるでしょう。

2011年04月07日コブシの花

222.jpg

 

 

 

 

 

 

岐阜市内では、ソメイヨシノの花が入学式に合わせた様にほぼ満開になり

桜咲いたら1年生♪ と昔はよく言ったのもです。ただここ数年見ると温暖化の影響

ソメイヨシノの花は入学式前に咲くことが多くなりました。

写真左はピンクのシデコブシで右がコブシです。

解りづらいかもしれませんがコブシの花びらは通常6枚です

8枚以上花びらがシデコブシだと聞いています。近くで花を見ればその違いが

よく解ります。

シデコブシですが絶滅樹木の1つです。今では東海地方にしか生息しない樹木で

貴重とも言えます。

造園に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい