日別エントリー

2009年11月17日生け垣

生け垣.jpg敷地の外周 隣との境に生け垣を植えることが多いと思いますが解らないからお任せで頼んでしまい

後で後悔することはありませんか?

二昔ぐらいにカイズカイブキとかサンゴジュなどか良く流行りました。でも今はほとんど植えられる方はいません。カイズカは、強く刈りすぎると化けてしまい触ると痛い葉が出てきます。サンゴジュについては、

毎年のようにたくさんのケムシが発生します。

最近よく見かけるのは、レットロビン・プリペット(斑入り)・マサキ(斑入り) 写真は、斑入りのプリペットです。

新芽がきれいで白い花がたくさん咲き 成長もまあまあ早いです。だだ強剪定にも耐えるのでお勧めですが

コクロハバチという食欲旺盛の病害虫が発生することもあるので要注意。

生け垣も様々な樹木があるので後悔しないためにも専門家に良く特徴を聞いて植えてほしいです。 

2009年11月11日コニファ

CIMG4043.JPGのサムネール画像最近多い話がゴールドクレストやスカイロッケット言ったコニファ系の樹木が大きくなって困っていますと言うお客さんの声です。

そういえばコニファブームがあったのは10年~15年前のことだと思います。

洋風なガーデニング イングリッシュガーデンやロックガーデンなど日本の建物そのものが大きく変わりそれに合わせる樹木と言うことで使うように成ったと思います。

当時は品物も高く珍しく 新鮮なイメージの中でよく使われ 現在でもたくさんの種類が出回り使われています。

だだ問題は成長の早さです。外国では解りませんが成長するための要素が日本では揃っているため

植えて3年~5年が過ぎた頃から急激に成長します。年間の管理によってある程度は抑制できますが

ほったらかしにしてると写真の様な状態になり手がつけなれなくなります。

ここの樹木も伐採してしまいましたが残念なことです。植える場所と樹木の特性を調べた上で植えたいものです。

 

造園に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい