<<前の記事次の記事>>

最近の記事

2009年07月10日コブシ(拳)の木 剪定について

コブシ.jpg春先に花が咲くモクレン科のコブシノキ ソメイヨシノ同様花が咲いて後から葉が出てきますので咲いたときは非常にきれいです。花びらは一般的なコブシで通常6枚と言われています。絶滅危急種に指定されているシデコブシという木がありますがそれとの違いは、葉の大きさと花びらの数 シデコブシは8枚以上あるようです。

そのコブしなんですが少々やっかいなことがありまして、それは剪定時期なのです。なぜ剪定時期が問題なのかは花芽にありまして こぶしの花芽は、6月頃出来ます それで花が咲くのが3月頃となれば 花芽が付いて咲くまでの間10ヶ月前後という計算になります・・・・・。ということは、剪定時期は4月~5月が最適?になるのでは???

と言いながら年に何度も剪定を庭師さんに依頼することも出来ませんし、年末などに庭師さんもほかの樹木と一緒に剪定するのが一般的です。その時はなるべく花芽を残す様に我々も心がけますが、多少は切らなければならないので残念です。

ちなみに、こぶしの名前の由来は知っての通り秋口に付く実の形が人の手をグー(拳)にしたときの形に似ていることから付いたようです。

造園に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい