<<前の記事次の記事>>

最近の記事

2009年06月30日アジサイ(紫陽花)

アジサイ.jpg

6月に入り梅雨の発表がありました。 最近は気象の変化が著しくあまり雨の降らない年もありますが この時期の花と言えばやはりアジサイは定番です。 岐阜県内にも名所はありますが僕が知ってる有名なところでは関市板取にある「あじさい村」かな。

あじさいといえば漢字で書く名前のように紫色が多いと思いますが土壌のpH(ペーハー)により色が変化すると言われてます。日本の土壌は弱酸性が多いので紫が多くなると思います。アルカリ性が強くなるにつれてピンク系に変化することになります。

ではあじさいの剪定について 毎年大きな花を見たいという人は剪定しないのがコツです。ちょっと違和感がありますが開花後切り詰めてしまうと来年は花が小さくお粗末になってしまいます。だだ花殻はみっともないのですぐ下で切り取った方が良いと思います。

いうことであじさいを植える場合は、広々とした場所に自然体で植栽することをお勧めします。

写真は、がくあじさい(額紫陽花)漢字で書くように周りに花が付き額縁に見える様なことから名前が付いたと思われます。もし庭に植えたい人がいたならもともと日本の土地に自生するガクアジサイをお勧めします。 

造園に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい