<<前の記事次の記事>>

最近の記事

2009年06月19日除草剤について

何年か前 ゴルフ場で大量に除草剤を使い問題になったことがありました。その影響か解りませんが一般の人の除草剤に関する認識が必要以上に有害であると思っているようです。

だだ使用している僕らにとっては、かなりの誤解があるのではないかと思ってしまいます。

たしかに草も生き物なのでそういったものを枯らしてしまう薬は人間に害があるのではと思うのが普通です、全然害が無いともいえませんが基本的には、除草剤は葉から吸収して根を枯らします そしてその成分は土に触れると土の中で微生物により分解され天然物質に変わります。残留性はほとんど無いのです。

その証拠にホームセンターで気軽に売ってること(劇物は一般的には印鑑がないと変えない)除草剤をまいた後すぐにではないですが野菜を作っても枯れたりはしません。だだし、注意しなければいけないのは除草剤のラベルにも書いてあるように耕地用と農地用に薬剤の種類によって分かれています。後は水で溶くときの倍率かな 濃すぎても良くないし薄すぎでも以外に効かないことがある。それと大事なことを忘れていました 除草剤は万能ではありません すべての雑草に効くわけではありません そのところもラベルに表示してあるのでよく呼んでください。

いずれにしろ 雑草が生えて困っている人はたくさんいると思います。人力で引くのも一つの方法ですがこの時期大変暑いし作業も大変です 認識の違い・誤解が解けたなら気をつけて使ってみるのも一つの方法だと思います。

 

 

造園に関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合せ下さい